歯科衛生士の求人はいろいろな求人誌を見て決めましょう

歯科衛生士は激務です

歯科衛生士は、歯科医の補助をするのが主な仕事ですが、歯科医院が営業している時間は帰宅できず、最後の患者さんが帰った後も、1時間程度歯科で使う器具を消毒したり、歯科医院をきれいにしたりします。夜の7時まで歯科医院がやっている場合は、ギリギリ7時に入って来る患者さんもいるのでお口の中の虫歯や歯茎などの治療が終わるのは早くても8時ぐらいになり、帰宅時刻は9時頃になります。もちろん残業手当は出ますが基本給は忙しい割にはそんなに高くはないので、待遇は良いとは言えません。従ってより条件の良い歯科医院で働きたいと思っている歯科衛生士の方は多くいます。例えば、自宅の近くにしたら少しでも早く帰宅できますし、歯科の営業時間が早く終わればその分早く帰れます。自分にとって都合の良い歯科の求人を探しましょう。

歯科衛生士は午前だけ、午後だけの歯科医院

同じ歯科医院でも午前だけで仕事が終わる歯科衛生士と午後から夜間まで働く歯科衛生士がいます。午前だけの歯科衛生士は朝の8時30分に出勤し、お昼の12時30分で勤務が終了ということになります。これならば4時間という短時間なので多くの歯科衛生士が勤務できます。午後は、1時30分から9時15分まで、休憩45分間を挟んで労働時間は7時間となります。午前も午後も時間が延びたら、残業手当がつきます。このように同じ歯科衛生士でも二部制にすると勤務の負担も減ります。子育てに追われるママさん歯科衛生士は午前勤務で、まだがんばれる方は午後からの勤務で多少夜の勤務が遅くなっても大丈夫です。このような歯科医院の労働時間なら多くの歯科衛生士が注目するはずです。後は賃金がどうなるかです。

歯科衛生士の募集広告を良く見かけますが、歯科医院にとって歯科衛生士は必須で、国家資格を取得する必要があります。